上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
数学講師の数学研究室
現役数学講師による「生徒を感動させて、数学好きにさせる」ような数学指導方法を研究するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、なにするんだっけ??
問題を解くにあたって、「何をしたいのか」という
目的をきちんと把握しておくことは大切です。
証明であれば証明したいことがら、値を求めるなら
何の値なのか。
目的には最終目標といくつかの段階に分けた中間目標とがあり、
各段階ではそれに集中し、ほかは考えない。
たとえば、三角不等式を解くときには最終的には
角度を求めたいのではあるが、多くの場合
①まずはsinやcosの値の範囲
②次に角度の範囲(最終目標)
のようにやることになる。①はsin等をtとでもおけば
関数の不等式の問題(多くは一次・二次不等式)であり
②は単位円を用いる三角比の問題である。
いきなり角度を求めようとして混乱してる人を度々みかけます。
各段階では、その段階の目標に集中しましょう。
数学では問題の言い換えを行って解くことがよくありますが、
その場合も混乱し易いので、言い換えたらしばらくは元の
問題は忘れましょう。
                        文責まこっち
スポンサーサイト

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント
たしかに
いっぺんに計算できるひとはいいですが、私も一つ一つに集中してやってます。

問題を解くのに必要な要素ごとの基本の型がしっかりと身についてから
はじめて合わせ技を実践してみるのが、実は一番の近道だと思っています。
【2006/07/28 01:36】 URL | awanotanuki #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mathlab.blog59.fc2.com/tb.php/4-254173ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたも"ひとこと"どうぞ
 ■次ぎ:次のひとことを閲覧
 ■追加:あなたのひとことを投稿


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



プロフィール

awanotanuki

Author:awanotanuki
大学受験予備校で高校数学を教えている非常勤講師です。

「いま自分は独りよがりの解説を生徒に押し付けていないか?もっと良い解説方法がないのか?」

という素朴な思いから、ブログを立ち上げました。皆様どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 
1日1回クリックお願いしますm(__)m



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード